21歳小太り男が1か月で68kg→65kg!-3キロカラオケダイエットに成功した方法

【カラオケダイエットを行った結果】

私は大学時代に小太りでした。かなり太っていた訳では無いのですが、顔が丸いのが嫌だったので、ダイエットを行う事にしました。

当時の私はどのダイエットを行うかを迷っていたのですが、出来るならば趣味を使って痩せたいと感じで「カラオケダイエット」を行う事にしました。

カラオケダイエットを行った結果、体重が1ヶ月で3kg痩せる事が出来ました。それでは、カラオケダイエットとは、どのような物かをご紹介していきます。

【カラオケダイエットの方法】

このおすすめなダイエット方法を見つけたランキングサイトは、『ダイエットWEB』って名前でした。

口コミが乗っていたり、体験談が乗っていたり、ダイエットが気になる人は、このサイトがおすすめできます。

さて、カラオケダイエットの方法はとってもシンプルです。ただひたすら、カラオケを楽しむという物です。

カラオケは意外と疲れる娯楽です。私自身もカラオケに行くと大声で熱唱するので、歌い終わった後はヘトヘトになります。時には汗をかく事もあります。

そして、カラオケで歌う曲は出来るだけ「キーの高い曲」が良いです。キーが高いというのは「歌手の声が高音な曲」です。

童謡のような、静かな曲だとカロリー消費は全然消費されないので、出来ればロック系の曲やポップスでも声が高い歌手の曲をチョイスした方が良い具合にカロリー消費出来ます。

最近のカラオケでは採点機能を使うと、歌い終わった後に消費カロリーが表示されるので、どれくらいカロリーを使ったかが、すぐに分かるのも良いです。

そして、カラオケダイエットでは「ヒトカラ」を行うのが大事です。大勢でカラオケに行きたいかもしれないですが、大勢だと連続して自分が歌を歌えないのでダメです。なので、自分が好きなタイミングで歌えて、しかも周りに気を使わないで熱唱する事が出来るヒトカラがカラオケダイエットでは、かなり重要なのです。

カラオケ屋は平日に行くと値段も安いですし、お客さんも少ないので、オススメです。

【カラオケダイエットはモチベが大事】

カラオケダイエットではモチベーションが大事です。

なので、採点機能を積極的に使って、高得点を取る事を目標にするのがオススメです。

他にも地元のカラオケ大会で優勝する事を目標にするのも良いです。もしかしたら、そこからプロの道に進めるかもしれないですし。

27歳産後女が8ヶ月で50kg→43kg!-7kg母乳ダイエットに成功した方法

・私のダイエット結果

私は妊娠中にプラス10kgほど太ってしまい、出産でマイナス5kgは減りましたが、残り5kgは残ったままでした。

しかし、産後の半年で妊娠前の体重まで戻すことができ、産後8ヶ月頃には更にマイナス2kgして妊娠前より痩せることができました。

・私のダイエット方法

私が成功したダイエット方法は、母乳ダイエットです。

母乳を与えていると、通常より800キロカロリーほど多く消費されるそうで、私は完全母乳で育てることができたためチャンスだと思い、ダイエットに利用しました。

母乳を与えるだけでなく、出が良くなるように三食和食でバランスの良い、薄味の食事を心掛けました。

・このダイエットで工夫したこと

このダイエットで工夫したことは、食事のメニューです。間食をしなくていいように毎食一汁三菜を意識してきちんと食べていました。

また、母乳は血液から作られるので、赤身のお肉や大豆や、ほうれん草や小松菜などの野菜を積極的に摂れるメニューを考えていました。

食事メニューを工夫して作っていたことで、母乳の出も良かったですし、授乳中にありがちな貧血や、肌や髪がカサカサになることも一切ありませんでした。

母乳ダイエットだから良かった・悪かった点

母乳ダイエットだから良かった点は、無理な食事制限をしなくても自然と体重が落ちるので、食事を我慢するストレスが一切ないことです。今までのダイエットでは、我慢してドカ食いに走ってしまうことが何度もあったので、そのストレスがないことは私にとってはとてもプラスでした。

また、食事メニューを工夫して考えたことで、栄養バランスや食べ合わせに詳しくなり、今では子供の食事の献立にも役立っています。

母乳ダイエットで悪かった点は、授乳を終えた時にリバウンドの危険があることです。

授乳しなくなればそれまでより消費カロリーは当然減るわけですから、それまでと同じ量を食べるとリバウンドしてしまいます。せっかく痩せた体重を戻さないように、少しずつ食事調整をしなければいけないのがデメリットだと思います。

22歳実家暮らし女が5ヵ月で50kg→47kg!-3kgフルーツ玄米ブランダイエットに成功した方法

■結果 ストレスが溜まらずダイエット成功

ダイエットを成功させるために、必ず付きものなのは、「今まで見たいに量を食べられないためのストレスとの戦い」です。

ですが、私が行ったダイエットは、食べる量はもちろん減らしましたが、食べたい物を一切食べないということをしなかったので、ストレスをかなり減らしてダイエットを成功させる事ができました。

■方法 間食を、栄養補助食品に

私は、太ってしまった原因は、「お菓子の食べ過ぎ」です。

朝昼晩、実家暮らしなので、普通に食事を食べました。

ですが、それでもお腹がいっぱいにならずに、家にあるお菓子を食べていました。

しかも、食べる量が少しではなく、一度お菓子を食べ始めると、一袋食べきらないと満足できなかったので、クッキーやチョコレートを一箱、または一袋食べてしまったりしていたので、明らかに摂取カロリーのオーバーでした。

そこで、このままではまずいと思い、対策を考えたとき、今のお菓子を食べているのを、もっと栄養の有るものにして、さらに一度に食べる量を減らそうというものです。

栄養補助食品は、チョコレートやフルーツの味がしてお菓子のようで、さらに栄養素が入っていたり、ビタミンが入っていたりします。

なので、お菓子を食べるよりも、こちらを食べた方が、自分の体のためになると思い、お腹が減ると、栄養補助食品を一袋食べるようにしました。

栄養補助食品は、一袋が一回分の量だったりするので、それほど食べ過ぎるという事はありませんでした。

■工夫 自分の好きな味を選ぶ

私は、チョコレートやココア味が大好きです。

なので、栄養補助食品も、これらの味の物を選ぶようにしました。

そうすることで、ダイエットをしているという気持ちは無く、小腹が空いた時に、自分の好きなお菓子を食べているという感覚があったので、「ダイエットのために我慢しているんだ」という気持ちが薄れました。

■フルーツ玄米ブランだから良かった・悪かった点

私は、このシリーズを食べる事にしました。

このシリーズの良い所は、味がたくさん有るところです。

季節に寄っても、味が増えていたりして、一つの味をずっと食べ続けるのは飽きてきますが、数種類の味があるので、飽きる事無く、食べる事ができます。

悪い点としては、費用はかかるという点です。

お菓子を一袋食べるのと同じくらいか、もしくは少し高いくらいの費用が毎日かかりました。

なので、お菓子を食べた方が自分のお財布に優しいかなと少し揺らいでしまう事もあったのですが、そのお陰で、フルーツ玄米ブランを食べ過ぎるという事が無かったので、良かったのかもしれません。